記事の詳細

これを研究し、応用した「光線治療」というものが昔からあります。色を見て癒すのではなく、光線を照射して治療に使用されるものです。
青色光線による黄疸治療や皮膚疾患、最近ではアトピー治療の研究がさかんです。
人間が色として見ることができる波長は、電磁波の中のごくわずかで、これを「可視光線」と言います。見ることができないもの、「不可視光線」にはよく知るところで「紫外線」「赤外線」、「X線」「ガンマー線」等があって、医療の現場などで利用されています。

sun「紫外線」は日焼けをするということで、多分に女性には嫌われていますが、殺菌作用があるんですよ。動物は日光を浴びることによって、体表を殺菌することを知っています。
また、「遠赤外線」は温熱作用があります。 太陽の光は生命にとってとてもとても大切なものということが、改めて感じられる気がします。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る