記事の詳細

以上が大まかな説明ですが、対比現象と言われるものです。
着ている色がなんとなく合わないような気がするとき、その原因はどれなのかちょっと考えて見て下さい。
そうすると、自分の特徴やウィークポイントが見えてくるはず。

茶色が似合わないと思っていた人も、茶色がだめなのではなくて、暗い色がだめなのかもしれません。
明るめの茶色も、中程度の茶色も、暗い茶色もあるのです。
どうしても暗い茶色を着たい時には、明るい色をインナーに着れば、大丈夫かもしれません。

簡単にこの色着れない、とは思わないで、色々試して見て下さい。
そうすれば、似合わないけど好きという色を、あきらめなくてもすむのですから

それから思いこまないで、色々な色を試してみましょう。
色々な色を比べるほど持っていない人は、お店に行って鏡の前で顔の下に服を持ってきて比較して見て下さい。color2
それだけでも、きっと違いに気がつくはずです。

気をつけたいのは、その時に服の色ばかり見ないこと。自分の顔がどうなっているのかに注目して、それから全体のバランスを見るようにしましょう。お友達や家族と行って、見てもらうこともいいですね。
とにかく、必ず自分の目で見て確認すること、考えて選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 対比現象まとめ
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る