記事の詳細

◎補色対比◎

お互いの残像が見え、彩度をあげ、引き立てる。

hosyoku

補色とは、色相環で相対する(反対側にくる)色のことです。
補色関係にある色同士は、その色の残像を見せ、お互いの色味をより強調する現象を起こします。

左の赤はまわりの緑が補色のため、緑の補色の赤の残像がより鮮やかに見せています。
右のグレーはその赤の残像のため、やや赤味がかったグレーに見えます。
身近な例では、クリスマスの赤と緑の配色や、企業CIマークなど。またポスターや看板、見出しなど、インパクトや目立つための手段として利用されています。

洋服などでこの組み合わせをした場合には、お互いの色はきれいに見えますが、かなり目立つ、ややもすると目立ちすぎて下品な感じになる可能性もあります。こういう色の関係は「差し色」と言って、分量を少な目にして使うと効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 補色対比
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る