記事の詳細

前項では、合わせる色によって様々に変わっていった「ピンク」を見ていただきました。まるで、パートナーによって変わる女性の様?
でも、どんなパートナーだろうとも、ほとんどイメージを変えない、逆に相手を変えてしまう人もいますよね。色にもそんな強者の色がいます。その代表がみなさんの大好きな「黒」です。

zozai黒と合わせられるとどんな色も影響を強く受けます。どんなに甘いピンクも強気にさせられてしまう、単色のイメージが、強く固まっているほど、その傾向は大きくなります。
「黒」は明度や彩度を変化させると他の色になってしまいます。
だから「黒」は「黒」でしかないのです。

そういった場合には、前項でも書きましたが、まず分量に気をつけるということ。
ピンクなどは、ほんの少し黒が入っただけでも、きゅっとしまった印象に変わってしまいます。
その分量は、靴の分量にも相当するもので、ピンクのスーツに黒の靴を履いていると考えていただくとわかりやすいでしょう。

黒のタイツや、パンストも同じ様なことです。試しに、同じ様なピンクのスーツや、コートなどを持っている人は、靴の色をグレーや白に変えてみて下さい。
それだけでも、印象がかなり変化するはずです。

それから、素材にも気をつけましょう。
ニットのモヘアや、レース素材の黒はベルベットやシルクの黒よりもやさしく感じられるはずです。
素材のイメージがやわらかそうな物は軽減し、冷たそうな物は助長する。

また形ももちろん大切です。
丸味を帯びた物は柔らかく感じ、角張った物、切り口がシャープなものは冷たく強く感じます。

素材や形については他の色でも同じことです。
ふわふわとしたフリルのついたデザインは、甘くやさしく感じます。
そのデザインにピンクの色を付ければ、より甘さとやさしさは強調されます。
だから、あまりにもデザインが可愛らしすぎると思ったら、ちょっとクールな色を選んでみるのもいいでしょう。
逆に、シャープなデザインに甘い色を選んでみたり。

自分のイメージがかわいらしいイメージだとしたら、そのかわいらしさをより強調して生かすのか、それともちょっとクールにしていつものイメージを変えてみるのか、それを考えて選ぶと上手く行きます

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 黒と素材とデザインと
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る