記事の詳細

不景気になると、黒やグレーの人気が圧倒的に高く、無難じゃなくても、とりあえず黒、という方が多くいたはずです。
ところが好景気は、それまでのうっぷんをはらすかのように、明るい色、きれいな色が たくさん店頭にならぶことが予想されます。そういう色を上手く着こなすと、同じ色を着ていても、とてもおしゃれに見えてきますが、なんでもかんでも黒やグレーと合わせるとどうなるでしょうか?

bag1単色で気に入った色も、上手く使ってあげないとせっかくの色が台無しになってしまうことがあります。逆に、他の色と組み合わせることによって違った表情を見せるのが「配色」のマジック。

大人っぽく見せたくて黒を着たのに、きつそうな風にしか見られなかったり、誠実そうに見せようと紺を着たのに、陰気そうに見られたり、そんな経験がある方は、もう一度その日に着ていた配色を思い出してみて下さい。bag2

自分で色々と組み合わせて見て、思った通りのイメージに見えるかどうか、もう一度鏡でチェックしましょう。 配色のレッスンを受けることって、なかなかなかったと思いますのでちょっと難しい感じがしますが、やってみると楽しいですので、是非トライしてみて下さい。次は配色のサンプルでご説明します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 単色と配色
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る