記事の詳細

アリスの特徴

icon_94_11・アナリストのスキルが高いicon_94_1

line_11_3

アリスは、長年パーソナルカラー診断を専門に行って来た、「パーソナルカラー診断専門店」です。

当店のカラーアナリスト、武藤 美和は、パーソナルカラーアナリスト歴22年という草分け的存在です。安心してお任せ下さい。

line_11_3

icon_94_12・アリスオリジナルの8タイプ分け分類icon_94_1

line_11_3

アリスが独自に生み出した8タイプの分類法を用いることによって、より詳細に、より分かりやすく、貴方にとって何が得意で何が苦手なのかをご説明します。それは色だけではなく、スタイリングやヘアカラー、アクセサリー、メイクetc。色々な貴方の「似合う」を見つけます。

line_11_3

icon_94_13・お客様の理解度を上げるためのテストカラー(ドレープテスト)の実施icon_94_1

line_11_3

通常はカラーアナリストが、タイプの判定を行うためにカラードレープと呼ばれる布を当てて行き、お顔の反応を見て、タイプの判定をして行きます。それを「テストカラー」「ドレープテスト」などと呼びます。しかしアリスは、判定のために「テストカラー」を行いません。なぜなら、テストカラーを行わなくとも、タイプの判定が可能だからです。

では、なぜ「テストカラー」を行うのかというと、それは、テストカラーの中のそれぞれの色の色々な特徴に反応するお顔の現象を実際にお客様に見ていただく事によって、またそれに合わせて適切な説明を行って行く事によって、お客様にとって、何が得意で、何が苦手なのかを理解する、その理解力をあげるために行っています。

パーソナルカラー診断で一番重要なのは、「何タイプかを知る」事ではなく、「どんな色の特徴が得意で、どんな色の特徴が苦手なのか」という事ですが、この2つの間には、大きな差があります。

例えば、「◯◯タイプ」という事を知っていても、そのタイプの事をしっかりと理解していないと、自分に似合う色を自分で選べません。色の特徴や特性をしっかり理解するという事は、思っているよりも難しいのです。理解しているようでも、間違って解釈している方も少なくないのです。イメージと実際の色が一致しないため、なかなか色が選べない方も多くいます。

色をぱっと見てすぐに分類できるようになるためには、結構なお勉強が必要です。でも、お顔の変化ならすぐに分かるのです。アリスの「テストカラー」は、自分で自分の似合う色を選ぶ事ができるようになるための「レクチャー」を含んでいます。「テストカラー」が終わったあとは、自分で判断ができるようになるため、すぐにお買い物に行く方も多くいます。

自分で選ぶって楽しいので、オシャレもやる気が沸くのです。

このアリス独自の「テストカラー」は、長年アナリストが研究し、見せ方を考えた、一番のアリスの特徴でもあるでしょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る